平松慶のフィッシングストア「Goldic(ゴルディック)」。ジギング、キャスティング、 GT、遠征などソルトウォータールアーを網羅。

Light Game

少し、肩のチカラを抜いてみよう。実釣時、ジギングやキャスティングで集中した身体を少し休める事も大切。
 
GTやヒラマサをキャスティングで狙ったりして、なかなかバイトがないと正直疲れて来る。集中力も無くしてしまうし、継続意欲も低下する。
 
ひたすらメタルジグをしゃくり続けても、何もあたらない時はきっとジグの操作も「機械的」な動作になっているだろうし、それではジギングで狙いたい魚も食ってこない。
 
こんな時こそ、気分転換。

ライトゲーム根魚

ライトタックルを用いて、ハタやサバ、ソーダガツオなどで遊んでみることも、「本命をキャッチ」する近道かも。
 
私はGTを狙っていて、なかなかバイトがない様な時、ライトゲームで遊んでみる。これ、実は「底物の反応」を見ているんです。
 
潮が流れていても、ハタなど、底物が口を使わない(小型のジグにバイトしてこない)状況は、GTにとっても潮や状況の環境が合っていないんだろう、と思うし、逆に根魚の反応が良ければ、もっと集中してポッパーを操作したり、ジグをしゃくったりする。
 
また、近年相模湾を中心とした「ライトゲーム」が夏期になると人気で、サバやイナダ、ショゴ、タチウオといった対象魚を小型のメタルジグで狙ったりして楽しまれている。

ライトゲームタックル

レンタルタックルでも良いのだが、せっかく船に乗り釣りを楽しむなら、それなりの準備をしても良い。メタルジグだけでなく、インチクや鯛カブラなども、同じタックルで楽しむ事が出来るし、「タックルを持つ」喜びも味わえる。
 
レンタルタックルだと、どうしてもガイドが曲がっていたり、ラインが太すぎたり、PEに傷が付いていたり、とストレスを感じることがある。
 
オフショアで楽しむ以上、そのあたりも「拘って」みては、いかかでしょうか。

相模湾にサバを釣りにでかけよう。

オーシャンスプーン
今、相模湾を中心に、夏のサバゲームが熱い!数が釣れ、サバ以外にも対象魚が混ざり、飽きがこないのも特徴。シーバス、ホウボウ、マダイ、ソーダガツオ、シイラ、アジ、などなど。

 
基本的な釣り方は、ジギング。ジグのサイズ(重さ)は80g位までで対応出来る。水深も40~50m。もっと浅い層で狙う事も出来、初めてのアングラーや、親子で楽しめる事も人気のひとつ。では、どうやって釣るか。メタルジグを船長がアナウンスした深さまで落として、ロッドを上下に動かし誘いながら巻く。
 
スピードの強弱、ロッドの振り幅などでその深さならアクションに特徴がつけられるので、お手軽に楽しむ事が出来る。
 
また、相模湾で行われている「ライトゲーム」は船宿によって若干違いはあるものの、3~4時間。だから、デート感覚でレジャー遊びのカップルなども、しっかり楽しんでいる姿をよく目にする。

タックルのご紹介

ロッドは、ライトクラスのスピニングタイプでも、ベイトタイプでもどちらでも良い。ジグが100g載せられるライトモデルを選びましょう。長さは、6フィート程が取り回しがし易いのでおススメ。

Buaya Darat Lt65L/65M
Buaya Darat Lt65L/65M

リールは、ロッドに合わせ、スピニングリールでも、ベイトリールでもOK。
お取り寄せ可能です。

ステラSW
ツインパワー
バイオマスターSW
ソルティガ

メインラインは感度の良いPEライン1.5~2号に、リーダーは2ヒロ(3m)ほど。20ポンドのナイロンリーダーでもフロロカーボンでもどちらでも良い。釣果を拘っていく様になったら、フロロカーボンにしてみたらどうだろう。

ジグは80~100g。カラーも、まずは自身が好きな色を選ぼう。慣れて来ると、メタルジグにアワビシールで飾りをつけ、特徴付けたりして楽しんでいますよ。

インチクや、鯛カブラゲームをするならば、スカートのカラーや、インチクのタコを変えたりすることも、釣果に差がつくかも。

また、スプーンなどを使って、フォールスピード(沈下速度)をゆっくりにして人とは違った狙い方も面白いですよ。

プライヤーや、偏光レンズ、キャップ等はお忘れなく!ライフジャケットも!

それでは怪我のないよう、楽しい釣りを!

■ネットショップ商品は実店舗商品と同時に販売しております。
ご注文時のタイミングにて在庫有の場合でも、実店舗在庫が品切れとなる場合がございます。品切れの際には受注確定時のメールにてご連絡いたしますので、ご了承お願い致します。